犯罪データや交通事故に関するオープンデータのビジュアライゼーション

Code for America のメーリングリストを見ていた所、犯罪データや交通事故情報のオープンデータのビジュアライゼーションでいくつか面白いサイトが紹介されていました。いくつか紹介させていただきます。

オープンデータに突き進んでいる米国政府では様々なデータの公開を積極的に始めていますが、その中には犯罪や交通事故のデータも含まれています。日本では、県警のデータのオープン化されるのは、はたしていつになるでしょうか。

シアトル

データ

シアトル版 data.gov である、data.seattle.gov に警察のインシデントデータが公開されています。

Seattle Police Department Police Report Incident

アプリケーション

上記データから作られたチャートやマップがいくつかあります

シカゴ

データ

シカゴ版データポータル、data.cityofchicago.org に、2001年から現在までのデータが登録されています。

Crimes - 2001 to present

アプリケーション

サンフランシスコ

アプリケーション

  • San Francisco Crimespotting 地図上で、どのような犯罪が発生しているかを時系列で見れるツール データのありかを調べる時間が無かったが、San Francisco Police から取得している模様。www.datasf.org にあるのかもしれない。

    CrimeSpotting

ニューヨーク

アプリケーション

その他

  • Crime Maps 米国全体の犯罪を地図上で表現。データはSpotCrimeというところから入手している。SpotCrimeは警察発表情報などから独自に集めた情報をアグリゲーションして提供している

    CrimeMaps